☆☆三滝本町分譲住宅 11/30(土)・12/1(日) 現地販売説明会☆☆

2013年11月29日

ただいま好評販売中の

広島市西区【三滝本町分譲住宅No.2 販売価格3‚370万円】の現地販売説明会を行います

開催日は、11/30(土)、12/1(日)時間は両日共に AM11:00~PM17:00までとなっております。
 

<a href="http://
大きな地図で見る">物件現地地図

!!ご成約頂いた方には お好きな家具、家電を100万円分をプレゼント!!

当日、現地説明会へお越しの際は事前にご予約いただくとスムーズにご案内ができます。

 

 

♦ ご予約 ♦

当社ホームページからの

【こちらにどうぞ】

または、0120-141-829

または、FAX 082-238-5784 にて

予約ください。

 

近隣の住環境等を確認していただけるチャンスです

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

三滝本町住宅No.2

2013年7月24日

三滝本町住宅分譲開始!

IHクッキングヒーター+エコキュート採用のオール電化住宅

人気の対面式キッチンはカウンター越しにリビングまで見渡せ開放感たっぷり

主寝室には広いウォーク・イン・クローゼット

 3,370万円(税込価格)

詳しい内容は、弊社担当工藤・米澤までお問い合わせください

♪♪現在お支払いの家賃金額で夢のマイホーム♪♪

2012年6月20日

 

今、お支払いの家賃はおいくらでしょうか??

もし、今の家賃と変らない金額で夢のマイホームが手に入るとしたら

当物件は

市内中心部からのアクセスも良好です

団地内に 幼稚園から中学校まで揃っていて

スーパーや、病院、銀行等の生活に必要な施設も充実している

子育てに安心で便利な立地 、西区の己斐町にあります

 

 

近隣の家賃相場からしても お買い得な新築・未入居物件デス

外構は、お好きなように施工できます

詳細はアットホームの こちらのページでご覧ください

 

  

24年度税制改正で住宅取得どう変る??

2012年4月27日

 

消費税増税に向けての動きが高まる 中 

マイホーム取得計画を前倒しされる お客様も見受 けられはじめました

住宅取得に関する主な項目をピックアップしてみましょう

 

 住宅取得資金の贈与について(1)

  

  住宅取得資金に係わる相続時精算課税制度の特例措置が3年(平成26年末まで)延長
    非課税枠       贈与者       受贈者
相続時精算課税制度の特例   2,500万円   親(年齢制限なし)   子(20歳以上)

 ※贈与税はかかりませんが、相続発生時には相続財産として評価することになります。

 

 住宅取得資金の贈与について(2)

   直系尊属からの住宅取得資金に係わる贈与税の非課税措置が3年(平成26年末まで)延長
     平成24年    平成25年    平成26年 東日本大震災
被災者の場合
特別枠    1,500万円    1,500万円   1,000万円   1,500万円
(省エネ・耐震住宅)
一般枠    1,000万円    700万円     500万円   1,000万円

 

 住宅取得に伴う税金について

       不動産取得税の標準課税率及び課税標準の特例が3年(平成27年末まで)延長
  住宅(住宅用建物) 宅地(住宅用土地)
本則 (固定資産税評価額 – 1,200万円)×4% 固定資産税評価額×4%
特例 (固定資産税評価額 – 1,200万円)×3% 固定資産税評価額×1/2×3%

 

認定低炭素住宅における税額軽減措置の創設

2月28日に閣議決定された「都市の低炭素化の促進に関する法律案」に伴い

省エネ性能の高い「低炭素住宅」として認定 された住宅を取得した場合には 

住宅ローン控除額の拡充および登録免許税の軽減措置など優遇策が受けられることになりました。
これは当初「認定省エネ住宅(仮称)制度」として検討、公表されていたもので

認定要件がいくつか設けられる予定です。

尚、この法律(認定低炭素住宅における税額軽減措置)は まだ成立していないため

適用開始日などは未定ですが

住宅ローン控除額の拡充は平成251231日の入居まで

登録免許税の軽減措置は平成26年3月31日までとなります。

 

 

認定低炭素住宅を新築、または建築後使用されたことのない

認定低炭素住宅を取得して平成24年または25年に入居した場合

住宅ローン控除における住宅借入金等の年末残高の限度額が、一般住宅のときより

1,000万円上乗せされます。

 

    住宅ローン控除の限度額 (10年合計上限額)
       入居年   平成24年   平成25年
 認定低炭素住宅   400万円   300万円
認定長期優良住宅   400万円   300万円
  一般の住宅   300万円   200万円

  

 

また、建物に対する登録免許税の軽減税率は、所有権の保存登記が0.1%(本則0.4%)

所有権の移転登記も同じく0.1%(本則2.0%)となります

 

                   登録免許税の引き下げ
    保存登記   移転登記
 認定低炭素住宅     0.1%      0.1%
認定長期優良住宅     0.1%   一戸建て住宅 0.2%
  マンション 0.1%
   一般の住宅     0.15%      0.3%
        本則     0.4%      2.0%

 

 

 

 

 

  

 

 

フラット35Sの金利引下げ幅拡大と住宅エコポイント制度の復活

2011年10月28日

 

第3次補正予算案が平成231021日に 閣議決定されました。

住宅金融支援機構のフラット35Sについて…

省エネ住宅に対する当初5年間の金利引下げ幅の拡大措置

(被災地は△1.0%、被災地以外は△0.7%)が実施。

 ►►  国交省HP

 

また 、住宅へのエコポイント制度の再開 

位置づけられました。

 

再開する住宅エコポイント制度の概要は

こちら► 000170253             

☆注目値下げ物件情報☆

2011年10月7日

 

 

幼稚園、小学校、中学校が近く 子育て世代に嬉しい

生活環境 利便性の整った素敵な戸建物件が

              

  プライスダウンされました

                  

 

この物件のポイント

①本通り、紙屋町などの中央街にもアクセスが良い。

②生活環境が整い、幼稚園、小・中学校も近く子育てし易い。

余計な間仕切りが少なく、ライフスタイルの変化にも対応し易い。

④myプチ畑で家計にもエコな家庭菜園をおもいきり楽しめる。      等々

                                           

詳しくはこちらのサイトで ご覧になってください ⇒⇒⇒

 

 

 

 

                    

水洗トイレで発電??

2011年9月2日

見つけました

今までずっと 家の中でも自然と発電する発電システムはないものだろうかと

普通に生活する中で ついでに発電できないのかな??って…

それが あったんデス

これです⇒⇒⇒http://alternas.jp/uncategorized/2011/08/4922.html

残念ながら まだ開発段階で製品化されてないんですけど

興味津々です

 こういった製品がたくさん作られて 普及のための助成金や補助金を国がつくれば

脱原発の速度は早まるのではないでしょうか

原子力発電のこと…

2011年7月29日

 

何かある度に危険な原発を

本当に次世代に残してもいいの??

日本や、世界中の研究者は、原発の有害物質の封じ込めと同時に

1日も早く無力化できる何かを 開発すべきだとおもいます。

(勿論日々研究を進められている方たちもいらっしゃいます)

そして、脱原発をして 人にも環境にも無害で持続可能なエネルギー創出システムを

つくり上げて行くべきではないでしょうか。

そして、日本は それを成し遂げる力と技術を持っているのではないか?

ネットの中でも、同じ様に考える人達は沢山いました。

そのなかの1つをご紹介しますので 訪問してみてください

 

                    

       MISAさんのブログ

!!今月31日まで!!

2011年7月10日

 

 

いよいよ7月1日から「15%節電」が、本格的にスタートしましたね

現在対象となるのは、東京電力と東北電力管内の1都15県ですが

全国的に節電モードです。(無理な節電には注意しましょう)

 

節電と言えば、

窓に簾やたてす、又は日よけ(オーニング)等で

日蔭をつくるだけでも お家の温度は違いますよね

エアコンの使用頻度を減らしたり、温度を調節できそうデス

 

 

 

今ある窓に内付けのサッシを取り付けると

室内の快適性が、グンと高まります   ←←参考HP  

暑さに弱い私には助かります:P

 

 

防音効果も期待でき 

光熱費も年間、約12.000円節約できるらしい

エコだし、涼しいし、健康的だし、イイコトだらけって感じデス。

 

住宅エコポイントも貯まるから ←(結構ポイント付きますヨ)

お得にリフォームできちゃいます

 

※(平成23731までに着工・着手した新築・リフォーム工事)

改訂されました!! ←←←詳しくは住宅エコポイントHP

 

 

 

 

 

 

安全な発電

2011年4月13日

 

 

 

良く知られているシステムでは

 太陽光、大陽熱発電

 風力発電 

 地熱発電                      等が、ありますね


 

 バイオマス発電

 酸化マグネシウム発電

 メタンハイトレード

 電波発電                     

                                       等もあるようです


 

当社でも、個々の住宅等は国が推進している

住宅用太陽光発電補助金を利用して

太陽光発電システムを設置される お客様が増えています。

                            参考ホームページhttp://www.j-pec.or.jp/news/t11041101.html

 

 

実用化に国を上げてとり組んでほしいと思ったのは

地熱発電と     参考ホームページhttp://wwwsoc.nii.ac.jp/grsj/jgea/main_a.html

潮流、海流発電です。    参考ホームページhttp://www.nova-ene.co.jp/index.html

 

潮流、海流発電は…

ノヴァエネルギーという会社が研究開発を進めているシステムです。

もちろん詳しい仕組みは素人の私には よく解りませんが

実現可能(採算面でも)なのでは???

人体や、環境にも危険を与えないという システムなんです。

 

今回の事故を受けて、 次世代の為に安全な発電システムの構築

国が総力をあげて、取り組んでほしいです。